スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

今期に入って手掛けたM&Aの効果を織り込んでいない

ドンキHDは消費者の節約志向は常態化している。
価格の訴求は武器になるとして、徹底した低価格戦略を進めている。
商品1点あたりの単価は下がるが、1人あたりの買い上げ点数と来店客数を底上げ して利益を伸ばす狙いだ。
商品別では食品や日用雑貨、家電製品などの売れ行きが好調だった。
化粧品、一般用医薬品を中心にインバウンド消費も取り込んだ。
17年7〜12月期は訪日客の購買実績を示す免税売上高が約250億円と、前年同期から5割増えたとみられる。
昨年10月に愛知県豊橋市でイトーヨーカドーの跡地に出店したMEGAドン・キホーテなど大型店を含め、グループ全体の店舗は節目の400を超えた。
決算発表は2月6日を予定している。
18年6月期通期の連結業績見通しは営業利益が前期比8%増の498億円、売上高は7%増の8900億円。
前期に不動産売却益があった反動で純利益は11%減の295億円を見込んでいるが、現在の会社計画は今期に入って手掛けたM&Aの効果を織り込んでいない。
足元の業績が好調なこともあり、上方修正する公算が大きい。
市場予想をまとめたQUICKコンセンサスによると、18年6月期通期の純利益は前期並みの330億円だが、増益になる可能性がある。
昨年9月に食品スーパー24店を運営するQSIの買収が完了した。
今期はドンキHDの営業利益を10億円近く上乗せする要因となりそうだ。
11月には総合スーパーのユニーに40%を出資しており、経常段階から利益を押し上げる。
株価は業績の拡大期待を背景に昨年9月末から5割近く上昇している。
18日の取引時間中には初めて時価総額が1兆円を超える場面があった。

ドンキHD

 

JUGEMテーマ:日記・一般

19b2a68ryota | - | 09:56 | comments(0) | - |

経済は石油への依存を強める

イランにとっての最大の誤算は、ドイツ銀行や仏BNPパリバなど欧州の金融機関がイラン事業に慎重な姿勢を崩さなかったことだ。
核合意に伴い欧州諸国は制裁をほぼ解除したが、米国は核問題とは別に人権侵害やミサイル開発をめぐる制裁を維持した。
トランプ米大統領は12日、核関連の対イラン制裁の再開をひとまず見送ると決めた。
しかし核合意には致命的な欠陥があるというトランプ氏は、いつ制裁を再開するか分からない。
多くの投資家や企業関係者はイランビジネスにかかわることをちゅうちょせざるをえない。
米政府は14年にBNPパリバが制裁に違反したとして89億ドルの罰金を科したことがある。
国際ビジネスを展開する企業がおそれているのは、イラン事業に 着手した後で、米の制裁が再開し、米国に持つ自社の現地法人が制裁金を科されたり、事業免許を剥奪されたりすることだ。
皮肉なことに、トランプ政権の強硬な立場によって、イランの反米保守強硬派が勢いづき、穏健派のロウハニ大統領の立場が弱まっている。
経済を根本から改革しようとすれば、保守強硬派の牙城で、大きな既得権益を握る革命防衛隊傘下の財団に切り込まざるを得ない。
しかし、保守派は経済運営の失敗をめぐりロウハニ師を批判する。
経済改革は遅れ、経済は石油への依存を強める。
イランは15年、米英独仏中ロの6カ国と核合意に合意。
原子力活動への制約を受け入れる代わりに、核関連の経済制裁を解除された。
中東で核開発ドミノが起こることを阻止し、中東の 安定につながると期待されたが、イランと敵対するイスラエルやサウジアラビアはこれを批判する立場だ。
それから「ワキガ・足臭クリーム」について。
ワキガクリーム
女性にとって、臭いと思われることほど恥ずかしいことはないですよね。
ワキガではなくても、女性は生理中にデリケートゾーンが蒸れたりしてニオイが気になることがあります。
また、デリケートゾーンやワキの黒ずみが気になる方も多いのでは。

19b2a68ryota | - | 09:54 | comments(0) | - |

その後の人生に好影響を与えたことはよく知られている

真面目さと並んで職業人生に強い影響を与える性格スキルとしては、精神的安定性の側面の1つである自力本願や自尊心が挙げられる。
就業以前の自力本願や自尊心が強いほど、将来の賃金が高くなることがいくつかの研究で明らかになっている。
例えば、米シカゴ大学のジェームズ・ヘックマン教授らも、青年時の自力本願と自尊心を合わせた性格スキルが高いほど成人以降の賃金が高くなることを見いだしている。
加えて、彼らの同じ研究では、性格スキルが賃金に及ぼす影響の大きさは対象者の学歴の違いとあまり関係がないことも明らかにしている。
つまり、どんな学歴の人でも性格スキルが高まれば賃金が高まるという関係があるということ だ。
さらに興味深いのは、協調性の職業人生への影響である。
先の大竹氏らの分析では、日本の場合、男性では年間所得に対し協調性が高いほど年間所得も高くなっているが、米国では男性、女性とも協調性が高いほど、逆に年間所得が低くなっている。
米国においても、男性のみであるが、やはり協調性と賃金が負の相関関係であることを見いだしている研究がある。
こうした日米の違いは、職場でも集団主義が強い日本と、個人主義が強い米国の違いを反映していると解釈できるかもしれない。
それでは、職業人生に大きな影響を与える性格スキルはいつ伸ばすべきであろうか。
1960年代に米国で家庭環境に問題のある就学前の幼児に行われた支援プログラムペリー就学前計画の実験は、こうした 就学前教育で幼児の性格スキルを伸ばすことにより、その後の人生に好影響を与えたことはよく知られている。
最後に気になるサイトをご紹介します。
ファイテンの桑葉青汁…お得に飲むならコチラをCheck!
https://www.samihara.com/
ファイテン・phitenは、医薬部外品・医療機器・化粧品などの製造・販売や、スポーツ関連の商品や健康食品・健康グッズなどの製造・販売などを手掛けており、海外で活躍する多種多様なアスリートのサポートも行っています。
世界的アスリートの身体能力をアップさせるだけでなく、日常生活でも健康維持に効果的なのです。
ファイテンでは青汁をはじめ、健康食品などにも力を入れており、健康ドリンクやサプリメントなども提供しています。

 

JUGEMテーマ:おいしい青汁と効果

19b2a68ryota | - | 07:15 | comments(0) | - |

首位を奪還、ということはあまり意識したことがない

具体的に、どうなるんでしょうか。
三菱商事は、今、約150の事業ユニットがあります。
かなり多いです。
なかには、収益が10億円あるかないかの小さな事業もある。
当社は、よ くいえば全産業を見渡せる目を持ち続けられているし、悪くいえばあきらめられず、捨てられない会社なんですよ。
小さな事業を温存しているのは、500億円や1000億円の収益を上げ、今脚光をあびている大きなビジネスも、もともとは小さかった芽が大きく成長した、という経験があるからです。
たとえば、原料炭は私がオーストラリアにいたとき、小規模なビジネスでした。
未来も、このメカニズムは変わらない。
将来のビジネスの芽を探し、育てるしくみはどこの会社も知りたいところだと思いますが。
その芽は、当社でいえば150ある事業ユニットのなかに存在しているんです。
予想もしない、突拍子もない大発明のようなものではない。
そこから、将来を担うコアビジネスを作っていく。
しかし、何が核になるかはわかりません。
大切なことは、全社員が小さな芽も大きなビジネスになりうる、という意識を持って日々取り組んでくれることに尽きます。
これこそ、経営人材に必要な構想力です。
過去もそうやってきたのだから、恐れずこれからも進んでほしい。
そういう人材をしっかりと育てていきたい。
2017年度は、総合商社の利益額で首位を奪還しました。
これも誤解を招くんですが、商社という集団の勝者になる、ということは私のイメージにまったくないんです。
ですから、首位を奪還、ということはあまり意識したことがない。
あと「haruのシャンプー……黒髪スカルプ・プロ」に関することも。
天然成分だから安心できるのですが、その効果は、発毛効果があることで有名なミノキシジルよりも高いと言われています。
ノンシリコンの天然成分によって作られていますが、洗髪後にもきしまないので快適に過ごすことができます。
洗髪によって傷んでしまっては意味が無いからです。
haruシャンプー黒髪スカルプ・プロ

 

JUGEMテーマ:日記・一般

19b2a68ryota | - | 15:54 | comments(0) | - |

数字ありきの歳出抑制には慎重な姿勢を見せた

もう一つは成長率に直結する生産性の伸びを慎重に見積もった点 だ。
前回試算までは20年代初頭までに2.2%まで拡大すると仮定したが、内閣府の推計では足元で0.7%。
政府は企業の生産性向上を後押ししているが、内閣府内でも2.2%の伸びは高すぎるとの声が出たという。
成長率を高めるには、働き手の増加や企業の投資拡大、技術革新が進む必要がある。
女性や高齢者らが働く機会が増え、労働参加は広がる見通し。
設備投資も当面増勢が続くとみられるが、人工知能などによる技術革新は効果を読み切れない面がある。
歳出の面では従来の想定を踏襲している。
社会保障費は自然増を年5千億円に抑えるとしてきたが、その目安は18年度でいったん取り下げる。
19年度以降の社会保障費については高齢化要因や賃金・物価上昇率を反映して増加すると記す にとどめている。
内閣府の試算はいくつかの前提条件を設けた機械的な計算だ。
政府は内閣府の試算を踏まえて、夏までに新たな健全化目標を作る。
その中では今後の歳出抑制を織り込み、黒字化時期を27年度より前倒ししたいところだ。
黒字化の時期を巡っては、これまでの政府内の議論も20年度から2年後となる22年度や、5年後の25年度などと見方は割れていた。
三菱総合研究所の武田洋子チーフエコノミストは社会保障改革が大前提だが、それでも財源が足りなければ消費税の再増税なども検討すべきだと指摘する。
首相は昨年10月の諮問会議でなるべく早い時期に達成したいと財政再建を急ぐ考えを強調した。
一方単にキャップをかぶせるのでなく、制度として改革に協力してもらうこと が大切だとも述べ、数字ありきの歳出抑制には慎重な姿勢を見せた。
じゃあ、気になるキーワード「サジージュース」についてです。
サジージュース
サジーに含まれる栄養素は驚くことに200種以上も含まれているんですよ!
ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ポリフェノールをはじめとして、美容と健康にいい成分がたっぷり配合された贅沢な果物です。
皆さんもご存知だと思いますが、栄養素は単体で摂取するよりも複数同時に摂ることで、吸収率をさらに高める相乗効果が期待できます。

 

JUGEMテーマ:今日の日記

19b2a68ryota | - | 16:00 | comments(0) | - |

高い潜在成長率を招くという好循環が成立している

少なくとも、過去10年でみれば最も好況といっていい。
英経済調査会社コンセンサス・エコノミクスによると、米国 、ユーロ圏、日本、ロシアの今年の成長見通しについては楽観的な見方が大幅に強まっている。
同社によると、今年の全世界の経済成長率も3.2%と、昨年の急成長をやや上回る見込みだ。
元英国放送協会会長で、英投資ファンドのフルクラム・アセット・マネジメントを運営するエコノミストのギャビン・デービス氏はもっと強気だ。
同ファンドのナウキャストでは、昨年の第4四半期と今年の第1四半期の成長率は並外れて高く、コンセンサス・エコノミクスの予測はこれに追いついていないという。
そのため成長予測は、上方修正されると彼はみている。
デービス氏は、世界全体の成長率は現時点で年率約5%に達するとまで主張している。
これは、世界経済の成長トレンドを1ポイント以上も 上回っている。
普通に考えれば、そんな成長率は維持不能に思える。
楽観的な見方としては、従来の成長予測が過小評価されていたといえるのかもしれない。
だが重要なのは、投資が強い需要を生んでいるという点だ。
特にユーロ圏ではこの傾向が顕著だ。
そして、その強い需要が今度はさらなる投資を促進している。
デービス氏によると昨年の第3四半期と第4四半期には、米国、ユーロ圏、日本で、投資の実質伸び率が前年比で8〜10%に上ったという。
これは10年以降で最大の伸び率だ。
高い成長率が高い潜在成長率を招くという好循環が成立していると十分に考えられる。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

19b2a68ryota | - | 15:59 | comments(0) | - |
1/1PAGES | |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--